日本妊娠高血圧学会|Japan Society for the Study of Hypertension in Pregnancy

文字サイズ
Facebook

妊娠高血圧症候群と診断されたことのある方へ

 妊婦検診では毎回血圧を測り、尿検査をして、その結果を母子手帳に記載していたと思います。これは妊娠高血圧症候群を診断するために行われているんです。妊娠高血圧症候群は、紀元前400年ごろのヒポクラテスの著書の中にも記載されている昔から認識されている妊婦さんの病気です。
 妊娠高血圧症候群は妊婦さん20人に1人の割合で発症すると言われており、1年間に15,000人くらいの方が重症の診断を受けています。決して珍しい病気ではありませんが、診断を受けた方は医師から厳しい説明を受けてとても心配だったと思います。また、妊娠高血圧症候群は出産して血圧が下がれば大丈夫!という疾患ではありません。最近では、10年、20年後の将来にわたって、血圧など健康に注意する必要があることがわかってきました。
 ここでは妊娠高血圧症候群という病気に関しての解説と、出産した後の女性がどういう点に気をつけていけばいいかについて述べています。また、かつて妊娠高血圧症候群と診断された方の体験記も掲載しました。今悩んでおられる方、次の妊娠が心配の方、出産してもう何年も経つけど今でも色々考えてしまう事がある方に、少しでもお役に立てればと思っています。
(体験記を募集しています。掲載をご希望の方は学会事務局jsshp@chijin.co.jpまでご連絡ください)

体験者さまの手記

妊娠高血圧症候群 Q and A

市民公開講座のお知らせ

第1回市民公開講座

 かつて妊娠中に血圧が上がったりして、妊娠高血圧症候群と診断され、不安な思いで出産を迎えた方に向けて、産後長期間にわたって気をつけるべきママの健康管理についての市民公開講座を企画しています。
第1回市民公開講座 2022年10月30日(日)13:15-
参加申し込み https://jsshp42tokyo.jp/